トラベラーとの交渉の方法について

ガイド向けノウハウ

ガイドのみなさんこんにちは!
Travel At Homeのなーちゃんです

今日はトラベラーとの交渉の方法についてお伝えしていきます!

みなさんのなかには、「トラベラーとのコミュニケーションが難しい」「どうやって進めたらいいのか?」などの難しさや疑問を感じている人も多いのではないでしょうか?

ぜひこのコラムを通して、そんな疑問・不安を解消してオンライン旅行ライフを楽しんでもらえたらと思います♡^^

b4hzcv96m4t7kzi5i2jg_320_400-88553a9e.jpg

前提:「できません」ではなく「〇〇〇であれば、できます」と伝えよう。


例えば、トラベラー(T)とガイド(G)との間でこのようなやりとりがあったとします。

T:「こんにちは!急なんですが、明日旅行できますか?」
G:「すません。明日は予定があって旅行できません」
T:「そうですか、、、わかりました。」

いかがですか?
見たところ問題ないやりとりに見えますが、これだとせっかくトラベラーが旅行をしたいといってくれているのに、旅行が成立しません。なので、ただ「できません」とだけ返事をするのではなく代替案(〇〇〇であればできます」と伝えるようにしましょう。例えばこんな感じです。

T:「こんにちは!急なんですが、明日旅行できますか?」
G:「すません。明日は予定があって旅行できません。今週は明日と〇日と〇日であればご案内できます」
T:「ありがとうございます!では〇日にお願いしたいです!」

いかがでしょうか?ガイドから「その日はできません」と言われると、トラベラーは「じゃあいつであれば旅行できるの?」と疑問に感じるでしょう。だからこそ、出来ない場合は「できません」と伝えた後に「この日だったらできますよ」と伝えてあげることが大事なのです。

その他にも、トラベラーからは下記のような連絡がくることがあります。
併せてチェックをしておきましょう。

zn6ke2eu7368i5b6fgok_320_400-9a4cae73.jpg
【初級編】

①自分が住んでいる場所と違う場所を希望された場合

T.「〇〇に行きたいのですが案内できますか?」
G.「すみません。その観光スポットは私がすんでいる場所からかなり遠い場所にあるので、行くことができません。代わりに、近くにある〇〇という観光スポットであれば私が住んでいる場所に近いのでご案内することができます。いかがでしょうか?」

解説:トラベラーから指定された場所が行けない場合は、その理由を伝えた上で、代替案(別のアイデア)を伝えましょう。トラベラーから指定された場所に似た場所があれば、その場所を案として出していいかもしれません。


②どうしても都合が悪くなり、今日予定の旅行を案内出来なくなった場合
 
G.「申し訳ありません。今日の旅行についてですが、朝から体調が悪くご案内ができそうにありません。別日に延期をさせてもらえませんか?来週であれば〇日、〇日のそれぞれ00:00~00:00の間であれば案内可能です。」
T.「わかりました。では、〇日の00:00~00:00でお願いします。お大事になさってください」

解説:基本的には急な休みはNGです。しかし、無断でお休みはもちろんダメです。予定の日時に旅行が案内できないと分かった時点でトラベラーに相談をしましょう。その際にいつならできるか代替日を案内しましょう。
 
③旅行日が雨予報となっており、案内することが難しい場合

G.「すみません、あさってが大雨の予報となっており通常通りの案内が難しいかもしれません。もしよろしければ、別日に延期することは可能ですか?」
T.「わかりました。いつであれば案内可能でしょうか?…」

解説:大雨や雷雨などの天災、またコロナウィルス感性拡大によるロックダウンなど何らかの状況で案内が難しい場合は事前にトラベラーに相談をしましょう。特に雨季の場合はあらかじめトラベラーに対して伝えておくことが大切です。

ucvnmamvc7axtttbfzwi_320_400-3ec2f2b4.jpg
【応用編】

③複数の人数で旅行を希望された場合

Q.「2人で参加したいのですが、できますか?」
A.「もちろんOKです。ただし通信料がかかるので、1人増える毎に1,000円追加することになります。問題ないでしょうか?」

解説:相手の人数が多ければ多いほど、Zoom上の通信料(パケット)も負担になるため、金額の交渉の余地ありです。ただし、単純にトラベラーの人数×基本料金となったときにトラベラーが難色を示す可能性があるため、少しディスカウントして設定するなどの工夫が必要かもしれません。
 

④長い距離を移動してほしいと頼まれた場合

Q.「当日はXの場所からYの場所まで行くことはできますか?」
A.「XからYまではとても遠いので、歩いていくことはできません。タクシーで移動すれば15分で着くことができますが、その場合は追加で1,000円かかります。いかがでしょうか?」

解説:歩いて行けない距離感を移動してほしいとお願いされた場合は、仮にタクシー等を使って行く場合の時間と追加料金を伝えて相談してみましょう。


そのほかにも、ショッピングやトラベラーからイレギュラーなお願いなどがあった場合には臨機応変に対応していきましょう。もし困った場合があればお問い合わせのページ「https://travel-at-home.com/inquiry/site」からスタッフにご相談をお願いします。

erucdmeju4v4okoggyt2_320_400-fde0fd33.jpg
長くなりました。今回はここまでです。
最後になりますが、トラベラーからの依頼も「できません」の一言で終わらせるのではなく、
「〇〇ならできますよ」という応え方で、トラベラーの見たい・行きたいを叶えるガイドとして活躍してもらえると嬉しいです。これからもよろしくお願いします(^^)

 

みんなからのコメント

ログインが必要です

トラックバック

ログインが必要です

 

カレンダー

2020/11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です